SUITS/スーツ アメリカ版のあらすじと感想

舞台はNYのマンハッタン。
大手法律事務所「ピアソン・ハードマン」のハーヴィー・スペクターは裁判を勝利で締め括る「天才クローザー」で有名な敏腕弁護士。
一流品で身を固め、自信に満ち、女性との浮き名は流しまくりのプレイボーイ…
ある日ハーヴィーはシニアパートナーの座を獲るため渋々アソシエイトを探すことになります。
ホテルの面接会場に偶然逃げ込んできた青年マイク・ロスをハーヴィーは面白半分で面接します。
ところが、訳アリ青年のマイクは一度見聞きしたものを記憶に留ることができる驚異的な頭脳の持ち主だということが判明!
マイクを諦めきれないハーヴィーは事務所の慣例「アソシエイトはハーバード・ロースクール出身者に限る」という掟を密かに破り、事務所のトップのジェシカも巻き込みハーバード卒と偽ってマイクをアソシエイトに迎えるのでした。
経歴詐称という爆弾を抱えつつ、マイクとハーヴィーは2人で次々難事件を解決していきます。
回を追うごとにマイクの影響で人間味が増していくハーヴィー。
更正から成長とステップアップし、骨太な男性へと変身していくマイク。
そして脇を固めるクセの強い登場人物達。
ハーヴィーをライバル視し感情剥き出し…だけど憎めない男!ルイスや、
誰よりもハーヴィーを理解し的確なサポートをする秘書のドナ、マイクが一目惚れするパラリーガルのレイチェル(ロイヤルウェディングで話題のメーガン妃が演じています!)、厳しくも優しくハーヴィー達を見守る事務所のボスのジェシカ…
ドラマ中のスタイリッシュなファッションも話題の的でキャスト達の着こなしは度々雑誌で特集されています。
話題満載のクールでスタイリッシュなリーガルドラマ。
本作は1話完結の痛快なリーガルドラマの側面と全シーズン通してのヒューマンラブストーリーの側面を持ち、シーズンを重ねて今尚全米に旋風を巻き起こしています。
心拍数上がる展開と2人のイケメンの活躍に目が釘付けです!

SUITS/スーツ アメリカ版シーズン1のあらすじと感想

SUITS/スーツ アメリカ版シーズン2のあらすじと感想

SUITS/スーツ アメリカ版シーズン3のあらすじと感想

SUITS/スーツ 日本版(織田裕二主演)のあらすじや動画情報はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です